a paso de tortuga
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
蒸気
2009-04-12 Sun 22:28
なんも更新するネタがないので


過去の写真をあさっていたらいろいろ出てきたのでスキャンしました。



ネタがなくなった時に毎回違うお題に沿って画像を紹介していきます



ってなわけで

記念すべき第一弾
今回のお題は「蒸気」




大体去年の今の時期、
舞台は我が栃木県の名物の1つである『真岡市』の桜並木

そこにはピンクと黄色の世界が一面に広がっている。


毎年、多くの観光客とカメラマンで盛大に盛り上がっている。

その中でも人々の目を釘付けにしているのが真岡鐵道ご自慢のSLたちである


春の色の中、黒いSLと茶色の客車はなんとも言えないコントラストだ


毎年いろいろなイベントを行っているが今年は特に変わったことっはなかった。

昔は小山始発の水戸線経由茂木行の重連SLなんかもやっていたが最後は自分が小学校の時


この時期は毎年の様に重連を組んでいるのだが今年はそれもなかった。

・・・去年の運転に行っておいてよかったな、なんて思ってもいます。



毎度の事ながらSLが見えると

老若男女を問わず「来た」「見えた」などという声が聞こえる


その数十秒後には、シャッター音が鳴り響く



IMG_0005_20090412214008.jpg
Nikon D80使用

春の息吹の中、黒煙を上げて終点下館を目指すC12 66+C11 325の重連


ピントが甘いのが残念…。

いつになるかわからないが次の運転では必ずリベンジ…。






そしてリベンジの時が来た。

時期は1月


鮮やかな色などは何もない。

ただそこにはSLがいるだけ


IMG_0016_20090412215404.jpg
Canon EOS-1VHS RVP F +1 1/500 F5.0


小さい体から出せる精一杯の力を振り絞って


自分の体の2倍、3倍の煙を上げ、堂々とした風格が見てとれる

面白みのある写真ではないが「SL」というものを存分に味わえる1コマに仕上がった


きっと彼らにとってこの真岡の地で走ることができることが何よりの自慢なんだろうな・・・。

各地で走っている姿を見たことがあるがここの路線を走っている時が一番生き生きしていると思う。



真岡鐵道では1年を通じて土・日・祝日にC12 66(川俣号)、たまにC12に変わりC11 325が走っている。

一度、真岡の地を訪れてSLや地元の人々と触れ合ってみてはいかがでしょうか?




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



Link:気まぐれ蓮ぶぅの日記(*^_^*)  を追加しました

スポンサーサイト
別窓 | 鐵道写真 | コメント:0 | トラックバック:0
<<どうも | 私の目線、心模様、 | 盗難情報>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 私の目線、心模様、 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。